Skip to content

唇にシミが出来る原因と、改善方法

シミというと、頬などにできるイメージのあるものですが、実はこれは唇にも発生します。

唇がシミだらけになると、見た目の印象が悪くなってしまうので、これには気を付けたいですね。

まず、どうして唇という部分にシミが発生してしまうのか、その原因ですが、これは2つのことが考えられます。

1つ目は、他の部分と同様、紫外線によるものです。

唇は皮脂が分泌されないので、バリア機能が発揮されません。

そんな無防備な状態で紫外線をまともに浴びてしまうので、シミが発生するのです。

それから、2つ目が口紅です。

皮膚が薄くデリケートであるにも関わらず、この部分には口紅などを使った濃いメイクが施されます。

すると、これをきちんと落とせなかったことで残った口紅が刺激となり、色素沈着を起こしてしまうのです。

1度できたシミは改善するのが難しいですが、根気よく働きかけていくことで、徐々に解消することは可能です。

まず、最初に重要なのは保湿です。

皮脂が存在しない分、乾燥しやすい唇には、しっかりと保湿ケアを行ってダメージの修復を促しましょう。

リップクリームをこまめに塗布したり、リップを塗布した上にラップを乗せ、さらに蒸しタオルを上から当てるリップパックもオススメです。

こうして潤いを、しっかり唇に浸透させましょう。

また、唇の色素沈着を防ぐために、汚れをしっかり落とすケアも必要不可欠です。

そこで活用したいのがスクラブですね。

スクラブで唇を洗浄することで、汚れだけでなく古い角質を取り除くこともできます。

これによりターンオーバーを促進し、シミを薄くでき、さらにはその後に使用する保湿アイテムの浸透力を高めることも可能になるのです。

ただし、唇はデリケートですので、刺激の強いスクラブは不向きです。

専用のものを選び、週に1~2度のケアをしましょう。

このような方法により、少しずつでも改善は可能ですが、やはり最も重要なのは予防していくことです。

ポイントメイクはきちんとクレンジングして落とすこと、紫外線を受ける前には、唇にも忘れずにUVカット効果のあるリップを使用すること、などを心がけていきましょう。

Published inシミ対策